社内の事

~ 会社の規則や制度、イベント等をお知らせします ~

1.まずは基本情報をお知らせします

勤務時間: 9:00 ~ 18:00
フレックス制あり
(コアタイム 10:00 ~ 15:00)
給与: 大学卒 新卒 固定給 200,000円
経験者は経験により優遇
昇給: 年1回(4月)
賞与: 7月、12月、3月
合計で 年間 4.0ケ月分支給(2018年度実績)
残業代: 規程時間を超える部分に対して全額支給
手当:
通勤費 全額支給
皆勤手当 5000円/月額
出張手当 2000円/泊
資格手当
情報処理推進機構
基本情報技術者 報奨金 30,000円
ITストラテジスト 報奨金 50,000円、
手当 5,000円
上記は一例です。
報奨金は取得時に1度支給され、手当は翌年度以降の給与で毎月支給されます。
休日:
土曜、日曜、祭日
夏季休暇 7月~9月で3日間
冬季休暇 12/29 ~ 1/4
有給休暇 入社後6ケ月経過で10日
以降、1年毎に11日、12日、14日、16日、18日 6年6ケ月以上は20日
福利厚生: Benefit Oneに加入しており、様々な特典が受けられます。

2.能力主義なので評価制度はこだわってきました

どの会社でも、「貢献した人により多くの報酬を払い、より責任ある立場についてもらいたい。」と考えるでしょう。
会社が社員に報いる手段は報酬であり、それを決定する評価は社員にとって重要な事です。
あわせて、評価が公平であり、納得できる制度の下、実施される事は会社にとっても重要な事と考えます。

当社の一般社員の基本給は年齢給+能力給で決定します。
能力給は入社時0で、毎年、年度変わりの評価で変わっていきます。
この根拠をなるべく具体的に明確に示す事を目指してきました。

例えば、技術職のプログラミングに関する評価項目は次の様なものです。

 ・ 標準的な難易度のPGに対する作成能力
0~300pnt
 ・ 難易度高めのPGに対する作成能力
0~50pnt
 ・ 仕様理解の深さ
0~50pnt

また、コミュニケーションに関する評価項目は次の様なものです

 ・ あいさつ
-10~10pnt
 ・ 社内コミュニケーション
-10~20pnt
 ・ お客様とのコミュニケーション
-20~40pnt

ここにあげた評価項目はほんの一部で、評価項目は職種、役職によって異なりますが、いずれの場合も50項目は超えます。
詳述はしませんが、各評価項目には詳細な基準を定めており、できるだけ評価者によって差が出ない様にしています。
また評価項目は毎年全社員からの応募を経て改定を加えます。

pntとあるのはポイントの事でこれが1pnt=100円の能力給になります。
つまり、能力給の根拠は○○の評価項目が○pntで~と全て明確になるのです。
最終的なpntは上層部の調整を経て決定しますが、自分が誰にどう評価されているかは分かる様になっています。

3.社員の意見を埋もれさせたくないので、いいと思う事は全てやります

普段から、全社員が自由に思うところを発言し活発なコミュニケーションを取っていく事を目指しています。
しかし、社員一人一人には個性があり、発言の頻度にも個人差があります。
できるだけ社員の意見が埋もれる事のない様にいいと思う事は全てやってきました。

新年度
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
やりたい仕事アンケート
評価
▲評価フィードバック
○上司とお昼ごはん
○上司とお昼ごはん
やりたい仕事アンケート

技術的にやりたい事、配属されたいチーム、部下をつけて仕事をしたいか、会社への提言等、アンケート形式で収集します。
収集した結果はリーダー以上で共有され、配属やチーム編成の情報として参照されます。

評価のフィードバック

前年度の仕事を振り返って、何を会社が高く評価しているか、今後、個人が成長していく為に何をしていくかといったお話をします。
もちろん、会話は上司から部下への片方向のみで行うものではありません。
日常の仕事を知っている上司だからこそ、双方で活発に話し合いを行います。
短くても30分、長ければ1時間かける事もあります。納得いくまで話し合って進んでいく事を目指しています。

上司とお昼ごはん

若手の一般社員を対象に年に2回、上司と1対1でお昼ごはんを食べる機会を会社でセッティングしています。
上司といっても年次が数年上のいわば先輩社員がこれにあたります。
日頃一緒に仕事をやってる先輩だったり、逆に日頃全く仕事で関わらない先輩だったり、あえてバリエーションをつけて行います。
困ってる事や悩んでいる事がないか、様子を見る様にしています。

4.仲は良い方がいい...レクレーションもあります

当社には、社員の中なら自薦+他薦で選出されるレクレーション委員がおり、2ケ月に1回イベントが開催されます。

2018年度のイベントはこんな感じでした。

4月 新人歓迎会
6月 社員旅行 2泊3日
(2018年は沖縄!)
8月 納涼ビアガーデン
10月 飲み会
(結婚した社員のお祝いパーティも兼ねました!)
12月 忘年会 + 納会
(つい、2回やってしまいました)
2月 新人を迎えるための決起集会と称した飲み会

5.働き方改革はできているか?実態をお話しします

IT業界は、とりわけ残業が多く、休みがとれないイメージで語られます。
しかし、当社も世の中の流れに乗り、また従業員の健康や充実した日常の為に少しずつ働き方を変えてきました。

1ケ月あたりの平均残業時間(単位:時間)
2016年度 2017年度 2018年度
14.6 11.6 12.3
1ケ月あたりの平均有給取得日数(単位:日)
2016年度 2017年度 2018年度
0.9 1.0 0.8

かつては不夜城といわれる程、働く会社でしたが、改善され、IT業界の中でも優秀な方だと思います。
しかし、誤解がない様に申し上げておくと、当社は残業がない事や、休みが多い事を売りにする会社ではありません。
より従業員に優しくなっていく法律を遵守する姿勢も、従業員の幸福を追求する姿勢も持ちながら、時に無理もして挑戦もしますし、 責任を果たすことも目指している会社です。

ページトップまで戻る

お問い合わせフォームへ移動