事業のベクトル

~ 「お金の稼ぎ方」が社員個々人の日常そのものであり、社会への存在意義です ~

当社の売上の推移とその割合

  • 第5期売上割合
    第5期売上割合グラフ
    売上規模 110(百万円)
  • 第15期売上割合
    第15期売上割合グラフ
    売上規模 152(百万円)
  • 第25期売上割合
    第25期売上割合グラフ
    売上規模 200(百万円)

直接 請負
下請 請負
直接 保守
下請 保守
直接 派遣
下請 派遣

保守とは当社で作成したシステムの運用支援、当社製品の使用料としていただく売上を指しています。

1.請負契約である事 ...創業来ぶらさなかった目指す姿です

同じソフトウェア開発でも「請負契約」と「派遣契約」には大きな違いがあります。
簡単に言うと「この仕事をいくらでやります。」っていうのが請負契約で「この仕事やるのに月々いくらで人を貸します」っていうのが派遣契約です。
事務作業を請け負う準委任っていうのもあるのですが、実態としては派遣に近く、ややこしくなるので省きます。
また、契約上は請負でも、実態は派遣と同じでお客様の事務所でお客様と一緒に作業するケースもあります。これも話がややこしくなるので省きます。

どちらの契約を選ぶかはお客様が判断する事です。しかしこの業界に長くいる方はわかると思いますが、どちらの形態を会社が目指すかは会社の生き方として、ひいては働く従業員にとっても大事な事です。この違いが開発会社の目線からどういうものか説明します。

あくまで当社の主観で、、、○(システム開発会社が嬉しい事)、×(システム開発会社が嬉しくない事)としてまとめます。
個人による主観の違いや、例外ケースは悪しからずご了承ください。

比較項目 派遣 請負 備考
資金繰り × 完成時までお金にならない請負に比して、毎月お金になる派遣はとても助かる。
契約の取りやすさ × 流通する案件は派遣が圧倒的に多く、求められるスキルに合致すれば契約は成立する。
請負の受注には社会的信用が求められる。実績のない会社、技術者はそもそも請負契約を結ばせてもらえない。
うまくいかない時のリスク × 派遣は思う様な成果が出なくても、契約の根拠が労働時間である為、せいぜい一定期間の派遣料が減額される程度である。
対して請負は成果に対する報酬の為、約束が果たせないと全てのお金がいただけないのが原理原則である。約束を達成できない事でお客様が被った不利益には損害賠償の話になるケースもあり、時に会社の存続に関わるダメージにもなり得る。
作業場所 × 派遣は客先での作業になるので、多くは異動=勤務場所の変更となる。
就業規則もお客様に準じるケースが多く、フレックス勤務や独自の休暇制度等、就業系の施策は講じ難く、社員旅行や社内の催しに関する調整も行いにくい。
同じ職場で作業しているものしか仕事が見れないので、評価もやり辛い。
請負は全てのルールが自社で制御できる。
人事の自由度 × 派遣の場合、ある程度先方の客先に組み入れられ、客先の意向に左右される。
請負は全ての決定権は自社にある。
やり方の自由度 × いずれも、客先にやり方に従う事となるが、一般に請負の方が自由度は遥かに高い。
派遣ではユーザーにシステム系の方がいないケースはまずないが、請負はそういうケースもあり、その場合、全てが開発側である自社に委ねられる事となる。

利益の面で見ると、双方に良さがあります。安定的に収入が確保できるのが派遣で、請負の場合、ハイリスク、ハイリターンです。
同じようなスキルの技術者なら 1人の人の比較なので大きな差は生じにくいですが、請負の場合、作業の進め方、その中での工夫、技術の適用、人の管理など、あらゆる要素が絡み、同じ仕事でもやる会社で原価が数倍単位で変わってしまう事は実態として少なくないでしょう。

そんな中多くのソフトウェア開発会社は割合的な違いこそあれ、請負契約での仕事を望みます。
派遣事業がある意味、人貸しの仲介業であるのに対し、請負事業はノウハウが会社に蓄積されていく業態である事は大きいでしょう。
そして、働く日常を考えた時、自分の会社で仕事して、人を育てて、効率的だと思う技術や進め方を自由に発想して、実施して、より多くの見返りを自分たちで享受し、またお客様にも還元する...そんな風に仕事がやりたいからなんだと思います。

当社の様に規模の大きくない開発会社で多くが請負事業で行っている会社は本当に極々わずかです。
これは正直運も大きいですが、より強い思いで目の前の利益でなく、請負への思いが強く、そういう仕事を選んできたからです。

2.直接契約である事 ...創業来ぶらさなかった目指す姿です

よりお客様に近いところで仕事をやりたい。これはソフトウェア会社にとってほぼ共通の思いで当社も例外ではありません。
この業界は、お客様→元請け→2次請け→3次請け→... の構造で成り立っていました。
当社が創業時見つけた派遣の仕事は5次請けや4次請けもあり、ブローカーと呼ばれる人たちにたくさん搾取されていました(笑)
この傾向は派遣法の改正等で随分変わりましたが、それでも多くの仕事が大手メーカーやベンダーで請けられる実態は大きく変わりません。
当社が直接契約を目指す理由は次の様なものです。

  •  ・ 元請けの方が価格は高い
  •  ・ 仕事の担当は上で請けている会社が決定できる(下請けでは上流工程が担当できないケースも)
  •  ・ 仕事のやり方は元請が決定する為、下請けでは自由度は少ない
  •  ・ 仕事全体の評価は良くも悪くも元請に対する評価となる

請負契約と直接契約のいずれを優先するか?当社の場合多くは請負契約を優先します。
前述のグラフで15期と25期を比較すると直接契約の割合は減りました。
その内訳は開発自体は丸投げしてもらえるケースだったり、特殊な機器を使う技術的に魅力的な仕事を選択してきたからです。
いわば、名より実を取ったケースで、直接契約が減った事実は残念ではありますが、この経験はいずれ別な仕事で生きると考えています。

3.プロダクト事業を中心にしていく事 ...次に目指す姿です

プロダクトは自らお客様のニーズを想像して作る製品です。
当社ではお客様により近いところで仕事をする為に、創業初期からこの事業に取り組んできました。
最初は他の会社が作ったトラブルの多いシステムを面倒見ている中で、自社で一から作り直した同様のシステムを販売するところから始めました。

クラウド化等、世の中の変化とともにプロダクト事業は売り切りから、使用料でお金もらう形式に変化しました。
当社ではホテル様向けのサービスを提供しており、徐々に増えたお客様は現在200を超えています。

当社の提供するプロダクト全てに類似する他社の製品があります。
開発仕事は仕事量があれば技術者の食いっぱぐれはありませんが、プロダクトは他社に勝たなければならない厳しい戦いです。
ライバルは当社の様な中小のベンダーだけではありません。大手メーカーもあれば、この分野だけで勝負している会社も、海外のメーカーもあります。
そんな中で当社は お客様の要望を真摯に聞き、知恵を絞り、開発の分野で鍛え抜いた技術力を駆使し、丁寧なサービスを実践する事でお客様を増やし、高いリピート率を維持してきました。

お客様や売上の増加にともない、営業や製品開発に注げるコストも増え、確実に競争力は増しています。
プロダクト事業が当社の中心とできる様に今後も努力を続けていきます。

4.サービスの多様化、海外展開 ...未来に描く姿です

サービスの多様化

当社のプロダクトのマーケットであるホテル業界だけを見ても、ITを中心としてその姿は大きく変化しています。
20年前は電話が主流だった宿泊の予約は現在では90%以上がインターネットを経由して入ってきます。
この変化はホテル様のスタッフの仕事そのものにも変化を及ぼします。
インターネットで公開するホテルの販売価格は1日に何度も変更される場合があります。
変更にあたってはマーケット(周辺ホテルの価格)の調査等も行う為、これにともなう仕事は膨大なものになります。
また、民泊に見られる様な業態の多様化は清掃の手配、鍵の受け渡しなど運用上の多くの問題と負担も生んでいます。
当社が今後目指すのはこれらの課題に対してシステムを提供していくだけにとどまらず、業務自体を請け負う(アウトソースする)事です。
我々は業務を特化し集中して行う事により、ノウハウが蓄積される事、業務が効率化できる事を経験的に知っています。
「業務をこなす為のシステムの提供」から「業務自体を請け負うサービスの提供」に仕事の範囲を拡大していきます。
仕事(サービス)の多様化は多くの雇用を生み企業の価値を高める事になると考えています。

海外展開

我々ソフトウェアの業界でもアジアの国々を安い労働力を提供してくれる場と考えてきました。
この傾向は今もあり、為替の問題から対象の国は韓国→中国、今はベトナムやタイ等の東南アジアの国に変化しました。
当社もアジア進出を目指していますが、安い労働力を得る場ではなく、マーケットとして見ています。
視察に行くと、日本で当たり前にあるサービスがまだない事に気付きます。
また、貧しい国に行くと夜中に子供が扇子を売っていたりといった日本では考えられない景色もたくさん見ます。
当社はボランティアとして海外に進出しようとは思っていません。当社のサービスがその国の日常を豊かにし、自らも利益を得る事が目指す姿です。
結果として、我々のビジネスが新たな雇用を生みだす事ができれば、素晴らしい事だと思うのです。

ページトップまで戻る

お問い合わせフォームへ移動