2018年4月入社 T.Oさん

T.Oさん

入社時と比べて成長したと思うことはなんですか?

人とのコミュニケーションの部分はだいぶ成長したように感じます。
学生時代は自分の気の合う仲間と行動することがほとんどで、会わない人は離れればよいだけでした。
会社では年代も、性別も、文化的背景も違う人と一緒に仕事をすることもあります。その時共感ができなくても否定をするのではなく受け入れる能力は成長したと思います。
人によって対応を変えることは悪いことだと思われがちですが、入社してからむしろ円滑なコミュニケーションをするには人によって対応を変えることは大事なことだと感じています。

今後やりたい事やこれからのビジョンはどうですか?

現在、ホテルチームというところで活動しています。このチームではRoom’sというネオマウントの自社製品を開発しています。
経験はどんどん積ませてもらってきたので、今後は自分の経験や知識などをチーム内で共有したりして、自分だけが知っている情報がなくなるような状況を作っていけるように取り組んでいきたいと思います。

仕事にやりがいを感じる部分はありますか?

お客様と対面をして、自分の仕事の実感が得られたとき、というのはもちろんやりがいを感じています。しかし、一番はそれではないと思っています。
あくまで個人的ですが、自分は特に不具合の修正をするのが好きです。(不具合が起きること自体はよくないことですが・・・)
その時に昔のプログラムや初めて触れるプログラムの修正をすることも多いです。その修正が複雑であったり、そこの修正でどれくらい影響を及ぼすかなどを考える時に、だんだん考慮の幅が広がったり、理解するスピードが上がっていくことを実感するのがやりがいになっています。
自分の成長度合いを実感するタイミングが多いので、その部分がやりがいに繋がっています。

この会社で働いていて一番苦労したことは何ですか?

自分がIT系の知識がほぼ0の状態で入社したこともあり、そこに苦労しました。
ネオマウントでは研修期間が最低でも3ヶ月あり、自分のように経験なしで入ってくる新入社員も珍しくないです。とはいえ、いくら手厚い研修があってもやはり実務と研修は違うので最初は何をどうすればいいのかよくわからず混乱したのを覚えています。
また、IT系の知識が乏しいと打ち合わせの内容がまったく理解できないこともあり、後から調べて理解することも多く、知識の不足での苦労が多かったです。
しかし、未経験でも2年目3年目になるとわかることも増えてくるので仕事でも活躍できることが増えてくると思います。知識の不足もだんだんと解消がされてきて打ち合わせの意味もわかってきますので、未経験の人でも十分に活躍できると思います。

上司はどんな人ですか?

私の上司は、経験豊富でホテルのことだけでなく会計まわりも詳しく、コミュニケーション能力に長けたお酒好きです。
一緒に出張に行くと、ホテルの方の質問や要望にすらすらと対応しており、物事に対する理解力も高いのだろうな、と実感します。
私が仕事でミスをしたときにはリカバリー対応をしていただいたり、自分で尻拭いができる範囲のことはきちんと自分にやらせてくれたり。時に厳しいときもありますが、部下の成長を一番に考えてくれる良い上司だと思っています。
また、一緒のチームということもあり飲みに連れて行ってもらえることもあります。自分は予定が合わずに参加できない場合もあるのですが、仕事外では仕事の話をほとんどしないので楽しく飲むことができます。そのようなメリハリがついている部分がネオマウント流なのかなぁと密かに思っています。

ページトップまで戻る

お問い合わせフォームへ移動