ここが違う!

~ 多分、他社様と違うところです! ~

1.わかりやすくてかっこいい

毎日使うものだし...見た目も大事ですよね。

Room's Cloud ログイン

Login画面はホテル様で建物の写真やロゴ等、お好きなものを設定できます。

Room's Cloud メニュー

2.使い易さに...もう1段深い気配りがある!

例えば予約入力...「日毎に料金が変わる」、「途中で部屋タイプが変わる」、「団体のチェックアウト日が人によって異なる」...対応できますか?って少し前によく聞かれた事です。
Room'sはこれらのケースに対応していますが、我々が努力したのはその事で使い易さを損なわない事です。
特殊ケースに対応しようとすればするほど画面は複雑怪奇なものになっていきます。
90%以上の予約にはシンプルな画面を...複雑な処理は別画面でそれでもやり易い様に...結果、予約入力は 通常(予約単位)/部屋単位/詳細(部屋/泊 単位)を簡単に切り替える硬軟兼ね備えた構成になりました。

複数の部屋を予約する場合、通常は同じ宿泊期間、同じ宿泊パッケージを利用しますが...

予約登録

の部分を切り替えると

部屋別では、部屋毎にC/IN日や宿泊期間を変えられます。

部屋別の表

詳細では、日毎にパッケージ変更が可能です。

詳細の表

3.見るべき情報を見せたい

システムからの出力物には目的があります。財務会計上必要なもの、入力をチェックする、データから何らかの警告を発する ... 等々
しかし、実際には毎日10種類を超える帳票が出力され、そのままファイリングされるといった運用を目にするケースは少なくありません。
「見ないものはいらない」、「チェックポイントは際立たせる」、「調べやすく加工しやすい」、これがRoom'sのコンセプトです。
例えば本日の予約状況の変化は予約の変更一覧といったメリハリのないものではなく、
「どの日の予約が大きく変わったか?」→「その内訳はなんだったか」→分析対策 といった運用にフォーカスする事を意識しています。

営業日報
予約セグメント表

4.改修費用がリーズナブル

元々、作る事でお金を稼いでいた技術者が自社製品を持つ夢を持って作成したのが当社の製品です。
当社の勝手な思い込みかもしれない事は前置きしつつも、おそらく『時間』も『環境』も『達成しなければならなかった事』も2~3割増しの厳しさで培われた『もまれ方が違う技術者』が育っていると自負しています。
こういう技術者が、ホテルの業務にも詳しくなって、お客様の前面に立ち全力で仕事にあたるのが当社のスタイルです。
ちょっとした内容でも「改修はできません」と言われたり、リスト1本で「50万かかります」と法外と思える費用を請求されたり...そんなご経験のあるお客様には、当社のポテンシャルは頼もしく、改修費用はリーズナブルであると感じられる事と思います。

技術者

ページトップまで戻る

お問い合わせフォームへ移動