システム開発

~ 当社の売上の中心は今のところシステム開発です ~

システム開発が売上の中心で「直接契約」「請負契約」がこだわりです

当社の売り上げの中心は「システム開発」でシステムを作る事でお金を稼いできた会社です。
「直接契約」にこだわるのは、お客様の業務に近いところから関わりたい事、お客様の喜び(自らの成果)をより直接感じたいからです。
「請負契約」にこだわるのは、人員構成、作業場所、開発手法等々、仕事を遂行するあらゆる要素が自らに委ねられるからです。
この方針はリスクも大きく、業界では少数派です。また望んでも中小の開発会社では社会的な信用も小さく、なかなかできません。
我々は1つ1つの現場で信用を積み上げ、また時に大きな幸運もあり、この状況を少しずつ作ってきました。
目の前の利益ではなく、この方針をぶらさずに仕事を選んできたからこそ、得てきたものも大きいと考えています。

  • 第5期売上割合
    第5期売上割合グラフ
    売上規模 110(百万円)
  • 第15期売上割合
    第15期売上割合グラフ
    売上規模 152(百万円)
  • 第25期売上割合
    第25期売上割合グラフ
    売上規模 200(百万円)

直接 請負
下請 請負
直接 保守
下請 保守
直接 派遣
下請 派遣

保守とは当社で作成したシステムの運用支援、当社製品の使用料としていただく売上を指しています。

中小の開発会社に依頼する事は結構メリットあると思います

業界の内情を知っているからこそ、当社に限った事ではなくそう思います。但し、その仕事を請けるだけの実力と経験がある事は前提です。

1.コストが安いです

システム開発の費用は一般的に 技術者の単価×仕事量 で決定します。
この業界の商流は元請け>下請け>孫請け といったピラミッド構造になる事が多く、下に行くほど単価は下がります。
中小の開発会社がいきなり元請になる事は稀なので、そもそも単価に対する感覚は中小の会社の方が安くなります。
また、管理費、営業費など間接部門に関わる費用について中小の方がコンパクトな財務体質にある事も理由としてあるでしょう。
技術者の単価は本来技術者のレベルによって決まるものなので、「安かろう、悪かろう」の傾向はないわけではないですが、大手は管理で、実務は中小といった実態も少なからずあり、フィールドの違いから中小では実戦的な技術者は育ちます。
提示額を比較いただければ数十%単位での差も十分ありえる事と認識しています。

2.お客様の大切さを知っています

これは担当者に拠る部分が大きく一概には言えませんが、中小がエンドユーザー様を獲得するのは信用度の違いから大変難しい事です。
当社の実績で言うと、下請けで仕事して現場で実績は認められていたところ、上の会社が廃業したり、お客様が転職されての紹介だったり、元々担当していた会社がトラブルだらけで捨てたお客様のサポートをしたりと、時に運としかいい様のない紹介だったりです。
なので、お客様が自社の顧客であり続ける事に必死です。
良きパートナーであろうとする事は組織の文化として引き継がれています。

3.担当者が変わりにくいです

少しでも脱却を目指しつつも、システム開発には常に属人化の問題はつきまといます。
車や電化製品と違い、買ったところと別のところでメンテナンスするのが大変難しい特性があります。
前任者が時に数百時間を超えてお客様と検討したどりついた過程を第三者が引き継ぐのはどんなドキュメントを持ってしても難しく、例えば前担当者が近くにいる事は安心感だけでなく、仕事の効率にも大きく影響します。
なので転勤や異動の少ない中小はお客様にとってメリットがあると考えます。

当社の開発実績をいくつかご紹介します

1.日本でトップクラスのアウソソーサー様の下、100社を超えるお客様向けに給与計算系業務システムを構築

このお客様とは2000年頃より関わらせていただいています。
立ち上げともいえる時期から10倍を超える規模に成長されるまで、特に初期段階では技術者ご出身の社長様の下、社員の方同様に各種根幹となるシステム作りをお手伝いをさせていただきました。
達成しなくてはならない課題が多く、厳しい仕事でしたが、壮大なシステムの構想に、その様な立場で関わらせていただいた事は大変幸運な事でした。
そこで得た様々なノウハウ、経験、間違える事のできない給与計算に対するセンシティブな感覚は当社のシステム開発を支えるものになっています。
成長されたお客様には強いシステム部もでき、関わる開発会社も増えましたが、今でも一端を担うパートナーとして取引をさせていただいています。

2.クラウドサービス提供会社様の下、Web入力システムを構築

多くの企業様がインターネット上で使用するWebシステムですので厳しいセキュリティ要件が求められます。
使いやすさももちろんですが、数百を超える運用要件の組み合わせや、企業様毎に画面がデザインできる等、汎用性も求められたシステムです。

本システムは現在も進化を続けており、当社はパートナーとしてお手伝いさせていただいています。

3.様々な方法でホテル基幹システムを構築

当社はホテル様向けに予約~チェックアウトまでの業務を支援するクラウドシステムを提供しています。
しかし、ホテルシステムの提供はクラウドシステムの提供のみではありません。
これを一部改修してお客様固有のシステムとして提供したり、元々お客様がお持ちのシステムを改修したり、最初から新規で構築したり、様々な関わり方でシステムを提供しています。

あらためて...当社が得意とする事

~ 業務的には ~

1.多くの会社向けに~とか、営業所によって画面が違う~とか汎用性のあるシステム作りの経験は多分負けません!

当社のお客様はアウトソーサー様だったり、クラウドサービスを提供する会社だったりで、その先に多くの企業様がいらっしゃいます。
なので、間接的には数百社様の業務システムの構築に関わらせていただいている事になるでしょう。
しかも、そこでは異なる計算ルールだったり、異なる画面だったり、異なる会計ソフトへの連携だったり、と多くはそれぞれでシステム化されるところを汎用的な仕組みの中で吸収してきた実績があります。

2.業務の分業化、特殊な知識が必要な業務の一般化等、効率化、省力化、コストダウンに解決策を持ちます!

BPO(BusinessProcessOutsourcing)センタのシステム構築を経験しています。
業務を分業化し、効率よく作業できる為の業務設計、システム化にノウハウがあります。
また特別な知識がないとできないと思われていた事務作業を誰でもができる様にするといった特別な業務の落とし込み、システム化にノウハウがあります。

~ 技術的には ~

3.クラウド系システムの構築

AWSを使用したクラウドサービスの構築経験があります。

4.ICカードを使用したシステムの構築

ホテルでICカードを使用したRoomKeyシステムの構築経験があります。

5.外部機器、システムとの接続

電話交換機、PayTV、ICカードリーダー、自動精算機、自動チェックイン機、POS、クレジットカードリーダー、パスポートリーダー...等々
各種機器とのインターフェース実績は多く持っています。

これがシステム開発における当社のポリシーです

1.絶対に逃げない事

もちろん当たり前の事ですが...IT業界ではそうでない事も少なからずあり、大事な事です。
当社は25年を超える歴史の中で逃げたいと思った事はありますが、逃げたことはありません。
もちろん今後もこの姿勢が変わる事もありません。

2.最高の技術を持った会社ではなくとも、最良のパートナーである事

これは、どこかの医学部の格言に感動してもじったものですが...
当社は最新技術を追いかける分野で胸を張る会社ではありません。
ITの進歩は日進月歩であり、当社の様な中小が多額の費用をかけて最新の技術を追いかける事は現実的にできません。
新しい技術に対してアンテナを広げ、お客様が無理なくその効果を享受できる事を最優先に考える現場力の強い会社である事を目指しています。

3.できない事は正直に言い、できる仲間を連れてきて解決します。

ITの技術の守備範囲は広く、当社の規模では到底全てをカバーする事はできません。
当社が得意なのは一言で言えば、業務システム開発の分野です。
デザイン、ホームページの作成、サーバーの設定によるパフォーマンス対策、ローカライズ(翻訳)等は得意分野ではありません。
当社が得意でない事はお客様にも正直にお話し、得意な会社に相談します。横のつながりを大切にし、信頼できる仲間が多くいる事も大切な武器になると考えています。

ページトップまで戻る

お問い合わせフォームへ移動